スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身を動かすこと

2010年09月03日 22:25

   養生訓 - 第1巻より

 [養生は身を動かすこと]

 ある人が次のようにいった。
「養生の術などというものは、隠居した老人や、また歳若くても世を逃れてのんびりと暇な人にはいいだろう。しかし、武士として主君や父母に仕えて忠孝に務め、武芸を習って身を動かしたり、あるいは農工商の者のように、昼夜家業に精を出しているような暇のないものには、養生などできない。このような人が、もし養生の術ばかりやっていたら、体は軟弱になり、技は緩慢になり、事にあたって用をなさないだろう。」
 これは養生を知らない人の疑問であって、無理もない。養生の術は、のんきに平穏に過ごすことを第一に考えているわけではない。心は静かにして、身を動かすことが正しいのである。身を安楽にしていては、かえって“元気”が滞ってふさがり、病を生じることになる。たとえば、流水は腐らず、開き戸の軸は朽ちないようなものである。
 このように、動くものは長久であり、動かないものはかえって命が短い。したがって、どのような身分の者も仕事に努めるべきである。安逸であってはいけない。これがすなわち養生の術なのである。


   養生訓 - 第2巻より

 [こまめに働くこと]

 家にいるときは、自分の体力に負担がかからない程度に、ときどき体を動かすべきである。
  ~中略~
 つねに身を動かしていれば、“気血”は巡り、食べ物も滞らない。これが養生の要である。体をいつも休めて怠けてはいけない。自分にふさわしい仕事に務め、手足を動かすべきである。ときに動き、ときに静かであれば、“気”は巡って滞らない。静かにしすぎれば“気”がふさがり、動きすぎれば疲れる。動も静も、長く続けるのはよくない


   養生訓 - 第2巻より

 [流水は腐らず]

 華佗(後漢末の医者)は「人の体は労働すべきで、労働すれば“穀気”が消えて血脈も流通する」といっている。人は、欲を少なくし、ときどき体を動かし、手足を働かせて歩行し、長時間一ヶ所に坐らないようにすれば、“気血”は巡って滞ることはない。これは養生の要訣である。日々このようにしなさい。
 『呂氏春秋』で「流水は腐らず、戸枢(こすう)蠹まざるは動けばなり。形気もまた然り」といっている。流れる水は腐らないが、たまり水は腐る。から戸の軸の下の「くるみ」は虫に食われない。この2つのものは、つねに動くので災いがない。人の身もまたかくの如し、というのである。
 一ヶ所に長く坐りこんで動かなければ、飲食滞り、“気血”巡らず、病を生じる。食後横になることと昼寝することは、もっとも禁じなければならない。夜も飲食の消化しないうちに早く寝れば“気”をふさぎ、病を生じる。これは養生の道で最も避けるべきことである。


        口語 養生訓   -  原著:貝原益軒  訳註:松宮光伸



貝原益軒は、「 流水は腐らず、開き戸の軸は朽ちない 」 を例えとしてあげて、身体を動かすことの大切さを説いています。
動くものは長久で、動かないものは朽ちやすいのです。


養生と聞くと、つい「楽な生活」とか「のんびりと過ごすこと」のようなイメージが浮かびやすいですが、そうではないのです。

適度に動くことが養生の秘訣なのです!

東洋医学では「久しく坐すれば肉を傷る」「久しく臥すれば気を傷る」(素問-宣明五気編)といい、長時間座っていると胃腸が弱るし、寝てばかりだと気が巡らず肺や運動機能も弱ることを説明してきます。
あまり動かないでいると、身体になにかしらの症状が出やすくなるのです。

そうならないためにも、身体を適度に動かすことが大切なのです


近年の仕事は、パソコン仕事が増え、ついついパソコンと一日中にらめっこしていて、ろくに身体を動かしていないことが多いと思います。
また、高齢だから、病人だからといって、長時間寝たままでいると身体も頭も衰えていきやすいです。

動き過ぎ、働き過ぎのように“過ぎる”ことは、逆に健康を損ねる要因になりますが、適度に運動を動かさないとよけい病になりやすいです。


1日10分の散歩でも身体の調子が整い、頭の働きもよくなります。

あまり動く機会が少なくなった現代ですが、ぜひ身体を適度に動かす習慣を持つようにしましょう


↓役に立った・わかりやすかったなど、よかったらポチッとヨロシクお願いしますm(_ _)m
 にほんブログ村 健康ブログへ



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kenkoutabi.blog113.fc2.com/tb.php/88-8bbd2078
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。