スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『元気』を養う習慣を…

2010年07月16日 01:59

  養生訓 - 第2巻より

 毎日、昼夜を通して、『元気』を養ったことと『元気』を損なったことの、どちらが多くて、どちらが少ないかを比べてみるとよい。ほとんどの人は、1日のうち『元気』を養うことはつねに少なく、『元気』を損なうことはつねに多い。

 養生の道は、『元気』を養うことのみを心がけ、損なうことがないようにしなければならない。もし、養うことは少なく、損なうことが多いという日が続けば、『元気』は減ってしまい、病が生じて死に至る。このため、多くの人は、病が多くて短命なのである。限りある『元気』を用いて、限りのない欲をほしいままにするのは、危ういことである。

       口語 養生訓   -  原著:貝原益軒  訳註:松宮光伸



いいことがあったり悪いことがあったりと、様々なことが起きる日々を私たちは生きていますが、体にもいいことと悪いことが1日の中にはあります^^

人の『元気』というのは、使えば減るし、増やす努力をすれば増える。
元気の収支を考えて生きていくことを“養生訓”ではいっています。


この『元気』を東洋医学では『原気』とも書きます。

『原気』とは、両親からもらった先天的な生命活動の原動力のことをいいます。
原気があるから、体は成長発育し、五臓六腑が活発に活動できるのです。

原気があるから、人は元気でいられるのです^^

この『元気』を損なう原因は内欲と外邪です。

内欲に打ち勝ち、外邪に負けないようにすれば、『元気』がプラスになっていきます。


よく日記を書くことを薦める本に、「良かったこと・嬉しかったこと・頑張ったことだけを書きなさい。」というものがあるけど、これも『元気』を養ったことに目を向け、毎日コツコツと『元気』を養う習慣をつけさせるアイデアだと思います。

『元気』がプラスにいくかマイナスにいくかは、毎日の生活次第です。

『元気』がプラスになるようには、毎日の積み重ねが大切なのです。
体を養うことを続けていけば、健康でいられます。

ぜひ、『元気』を養うことを心がけ、健康でいましょう


↓役に立った・わかりやすかったなど、よかったらポチッとヨロシクお願いしますm(_ _)m
 にほんブログ村 健康ブログへ



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kenkoutabi.blog113.fc2.com/tb.php/76-c7072311
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。