スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身を損なう原因

2010年03月31日 23:13

  養生訓 - 第1巻より

 養生の術は、まず自分の体を損なうものを取り除くべきである。体を損なうものとは、内欲と外邪のことである。

 内欲とは、飲食の欲、好色の欲、眠りの欲、おしゃべりの欲、それに「七情」、すなわち〈 喜ぶ・怒る・憂う・思う・悲しむ・恐れる・驚く 〉の七つの感情を表わす欲をいうのである。
 外邪とは、四つの天気である。〈 風・寒さ・暑さ・湿度 〉の四つをいう。

 内欲をこらえて少なくし、外邪を恐れて防ぐ。これで元気を損なうことなく、病気にならず、天から授かった命を長く保てるのである。

     口語 養生訓   -  原著:貝原益軒  訳註:松宮光伸 


 東洋医学では、「万病はみな虚実で生じ、みな五臓の精気の虚より発生する(素問調経論第62編)。」とあり、五臓(=肝・心・脾・肺・腎)の精気が虚すことで病気になるとしています。

そして、病気になる、五臓の精気が虚す原因として、内因・外因・不内外因があります。

・ 内因とは、感情の大きな変動が病気の原因になることです。怒・喜・憂・思・悲・恐・驚の7つで、「七情」ともいいます。

・ 外因とは、天候・温度・湿度・気圧などの外的な環境の変化による原因のことです。風・暑・湿・燥・寒・火の6つのことで、「六淫」or「外邪」ともいいます。

・ 不内外因とは、内因・外因以外の原因のことです。飲食・労働・外傷・薬害・SEXなどのことです。



 貝原益軒は、養生訓の中で「内欲」を堪えること・「外邪」に注意することを多くのところで書いています。
この2つを防ぐことで、身を損なわず、元気でいられることを言っています。

天災や事故などは防ぐことはできませんが、「内欲」・「外邪」は防ぐことができることです。
自分の身より生じることは努力することで防げ、注意することを怠らなければ、環境の変化にも対応できます。


ぜひ、内欲をこらえて少なくし、外邪を恐れて防ぐことで、精気・元気を損なわないようにしましょう!


↓役に立った・わかりやすかったなど、よかったらポチッとヨロシクお願いしますm(_ _)m
 にほんブログ村 健康ブログへ



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kenkoutabi.blog113.fc2.com/tb.php/41-7b1c92f5
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。