スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

点字ブロックを改めて見直そう。

2013年03月21日 21:39

  点字ブロック

3月18日は、「 点字ブロックの日 」でしたが、ご存知だったでしょうか?

私はぜんぜん知らず、18日が過ぎてから気づきました(・・;
この機会に改めて見直してみようと思います。


視覚障害者の安全な歩行を助ける「 点字ブロック(正式名称:視覚障害者誘導用ブロック)」

この点字ブロックが、1967年3月18日、岡山県立岡山盲学校に近い国道2号(現:国道250号)原尾島交差点周辺(現:岡山県岡山市中区)に世界で初めて敷設されたことに由来し、点字ブロックの安全性の確保と発展を目指して、社会福祉法人・岡山県視覚障害者協会が2010年に制定しました。


点字ブロックは世界で始めて、安全交通試験研究センターの初代理事長である三宅精一氏が友人の失明をきっかけに1965年に発案・発明されました。

世界の国々には音響信号機はあったが、危険を知らせる誘導をかねた敷設物は存在しなかったため、各国の専門家は大きな興味を示し、多くの方々から意見や賞賛の言葉が寄せられました。

三宅精一氏は、盲人の「単独安全歩行」のための安全誘導システムを日本の各都市・駅に敷きつめ、盲人の「人間としての自立」を助けるという信念のもと活動を行っていましたが、道半ばの1982年に死去。。。

類似品も多く出回り、規格がばらばらだったため、かえって視覚障害者の混乱を招くこともあったが、交通バリアフリー法の施行・浸透にあわせて、2001年9月20日にJISが規格を統一。

現在では、全国どこでも同じブロックが使われ、歩道・鉄道駅・公共施設だけでなく通常の商店の出入り口付近、横断歩道の手前だけでなく車道の横断歩道部分にも設置が進んでいます。


いまでは当たり前のように見る「点字ブロック」ですが、まさかこれが日本人による発明だとは知りませんでした^^;

ひとりの熱い情熱によって、どれだけの視覚障害者の助けになっているかわかりません。
世界中に広まっているこの点字ブロックが、日本生まれというのは誇らしいですね。


また、点字ブロックには、平行した線が突起になっていて、移動の方向を示す「誘導ブロック(線状ブロック)」と、格子状の点が突起となっていて、注意喚起・警告を促す「警告ブロック(点状ブロック)」の2種類あります。

   点状線状

この2種類で、視覚障害者の安全な歩行を助けています。

色の多くは“ 黄色 ”で、景観への配慮から以前は灰色なども多かったが、弱視者がブロックの位置を見つけやすいようにするため、黄色への敷き替えが進んでいます。
(ただし車道の横断歩道部分に使われる場合は、車道を走る車両に配慮して(落下物等と混同しないよう)、横断歩道の標示に溶けこませてあります。)

しかし、この点字ブロックにも、まだまだ問題点が多くあります。

ブロックの突起が段差となって高齢者など足腰の弱い人がつまづきやすくなり、さらには車椅子の障害になることや、ブロック自体が雨天時や氷結時に歩行者が滑りやすいなどの問題点も指摘されており、改善などが望まれています。

マンホールなどの道路上のものによって、くねくねと不便な曲がりを強いるものも多く、設置のための努力も望まれています。

また、周囲の環境と調和する色合いを「デザイン優先」で選ぶため、結果的に本来の目的の一つである「弱視者の点字ブロックの認識」に、役に立たない色合いになる事例は、むしろ近年増えてきています。

ブロックの種類が複数存在し、中には一つの駅に複数のタイプのブロックが設置されている場合や、突起の数が多いと平らに感じて分かりにくいという声も視覚障害者から上がっていたりします。

そして、一番大きな問題として健常者のモラルです。

健常者の人には、無理解・無頓着な人も多く、点字ブロックの上に商品が置かれたり、駐車・駐輪されていることも多く、視覚障害者がぶつかったり、白杖で突き倒すトラブルも多いのです。。。


鍼灸の勉強会にいくと視覚障害者の先生方が多くみえます。
近年の規制緩和以前までは、盲学校以外の鍼灸按摩養成機関の設立が厳しく制限されていたため、視覚障害者方が多いのです。

当然、勉強会の移動等では、歩行の介助をすることも多いのですが、そこで改めて点字ブロック上に色々なものが置いてあったり、無駄に曲がらる点字ブロックがあることに気づかされました。

自分もこういった関わりがなければ、気をつけなかったかもしれないと思うと情けなくなります。。。

だれかがなにか一つ点字ブロックの上に置いただけで、危険が生まれます。

「点字ブロックの上に障害物を置かないようにして下さい」という、月並みな言葉を言うのは簡単ですが、今回は改めてみなさんに知ってもらい、まわりに伝わるように、いま一度書いておこうと思います。

 “ 視覚障害者の安全な歩行のために点字ブロックの上に障害物を置かないようにしましょう ” 


↓役に立った・わかりやすかったなど、よかったらポチッとヨロシクお願いしますm(_ _)m
 にほんブログ村 健康ブログへ


コメント

  1. T・YAMADA | URL | -

    岐阜漢方研究会のYAMADAです。
    先生のblogを参考に、アタシもはじめました。

  2. JAKUTAKU | URL | srF/8RA2

    Re: タイトルなし

    >T・YAMADA先生

    お久しぶりです!!
    訪問&コメントありがとうございますv-266
    あんまり参考にならないと思いますが、また訪問してやってください^^

    これからYAMADA先生のほうのブログにも寄らせてもらいますね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kenkoutabi.blog113.fc2.com/tb.php/291-85855fef
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。