スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたは大丈夫?加齢黄斑変性。

2011年11月25日 23:50


前の記事では、目に関する事柄を採りあげたわけですが、ちょうどいい機会なので、続けて “ 目 ” に関することを採りあげていこうと思います^^


さて、今回もまずはこの図を見てみてください。

ある病気のチェックシートになります↓

 ≪ やり方 ≫

この図を約30cm離れて、眼鏡をかけたまま、片目を閉じて、表の中央の黒い点を見つめましょう。
手で片目を覆ってもOKです。
 ※ 両目で見ず、片目ずつ見るようにしてください。眼鏡はかけたままで結構です。


  加齢黄斑変性-アムスラー検査

どうですか?ちゃんと碁盤の目のように見えましたか?

縦横の線がゆがんで見えるところがあったり、見えないマス目はなかったでしょうか?

こんな風に見える人はいませんでしたか?
          ↓
検査異常

このように見えていたら、あなたは 『 加齢黄斑変性 』 かもしれません



加齢黄斑変性とは、加齢に伴い眼の網膜にある黄斑部が変性を起こし、視機能(視力や視野)が低下してくる病気です。

黄斑は、網膜のほぼ中央にあり、ほかの部分に比べて視機能が格段によく、物を見るということでもっとも重要な部分です。

目の模式図-黄斑
色を識別する細胞のほとんどもこの部分にあります。

例えば、文字を読むとき、文字は常に視野の中央の黄斑で読まれていて、そこから数文字でも外れたところにある文字は、相当読みづらくなります。

そのため、黄斑に異常が起きると、見ようとするところが見えにくくなり、視力低下やゆがむ・暗く見えるなどの症状が引き起こされます


近年、この加齢黄斑変性は高齢者に増加しており、視覚障害者の原因疾患の第4位になっています。

50歳以上の人の約1%にみられ、高齢になるほど多く、男性の方が女性に比べ3倍多いとも言われています。

日本では認知度が低い病気ですが、欧米では成人の失明原因の第1位で珍しくない病気なのです。



加齢黄斑変性には二つのタイプがあり、視力の経過や治療手段が異なります。

 ◎ 「萎縮型」加齢黄斑変性

黄斑の組織が加齢とともに萎縮してくるタイプで、詳しい原因がまだよくわかっておらず、今のところコレといった治療法がありません。
しかし、病気の進行が遅く、萎縮部分が拡大して中心窩にかからない限り、高度の視力障害には至らないので、あまり問題にされていません。
萎縮型から滲出型へ変化することもあるので、定期的な眼底検査、蛍光眼底検査を行い、経過をみることが大切になります。

 ◎ 「滲出型(しんしゅつがた)」加齢黄斑変性

滲出型はその名の通り水がにじみ出てきて(滲出)、黄斑に障害が生じるタイプです。
正常な血管とは異なる弱いもろい血管(脈絡膜新生血管)から、血液の成分や血液が黄斑組織内に漏れ出し、網膜・黄斑が正しく働かなくなり、異常が出てきます。

滲出型は萎縮型よりも進行が早く、新生血管の成長とそこからの出血や滲出物により、視力低下やゆがんで見える・視野が欠ける、などの症状が悪化していきます。
ある程度すれば新生血管が枯れ、出血や滲出が収まりますが、時間が経ってしまうと黄斑の網膜組織は破壊されて、永久的に傷害が残るため、高度の視力障害(矯正視力で0.1以下)が残ってしまいます(近年、有効性の高い治療法が相次いで登場し、視力の改善も目指せるようになりつつあります)。



加齢黄斑変性の原因、病態は完全には解明されておらず、現在も様々な研究が行われているところです。

ではそんな中、私たちは加齢黄斑変性に対してどうしたらいいのでしょうか?


まず、大切なことは、早期発見することです

進行の早い滲出型でも、中心窩に達していない小さな新生血管を早期発見できれば、効果的な治療が行え、視機能の維持・改善の可能性が高くなりますし、中心窩の新生血管に対しても、抗血管新生薬などにより治療できます
 
もし、「物がゆがんで見える」「視野のまん中が暗く見える」「視力が低下してきた」など、少しでも変だなと感じたら、すぐに眼科を受診しましょう。

全く自覚症状がない人でも、50歳を過ぎたら一度、眼底検査をしてもらったほうがイイでしょう。

日ごろから、上のチェックシートやカレンダーなどで見え方を確かめて、早期発見できるように心掛けることが大切です

このような見え方を感じたら、すぐに病院に行きましょう↓
加齢黄斑変性-見え方の異常例


また、もともと加齢黄斑変性は欧米人に多く、日本人には少ない疾患です。

欧米人の眼は日本人の眼に比べ、光刺激に弱いのと、食生活が原因のひとつとも言われています。

現在、日本では食生活が欧米化し、TVやパソコンの普及により眼に光刺激を受ける機会が非常に多くなりました。
(光刺激は眼の老化を促進する原因になります。)

なので、加齢黄斑変性の予防策のひとつとして・・・

● TVやパソコンを見過ぎないようにして、細かい休憩を挟んで目を休ませるようにしましょう。
● 強い光、とくに太陽光などの光刺激から、サングラスや帽子で目を守りましょう。
● 偏った食材を摂らず、バランスのいい食事を心掛ける。
● また、調査でタバコが加齢黄斑変性になる危険性を高めることが分かっていますので、禁煙を勧めます。




長寿国である日本は、加齢が基礎にある加齢黄斑変性になる可能性はどんどん高くなっていると思います。

自分の目に気を配り、すこしでもおかしいと思ったら、すぐに病院で検査してもらうようにしましょう





もっと知りたい方はこちらもどうぞ。。。

 ・ 日本眼科学会 - 網膜・硝子体の病気
 ・ 難病情報センター
 ・ 加齢黄斑ドットコム


↓役に立った・わかりやすかったなど、よかったらポチッとヨロシクお願いしますm(_ _)m
 にほんブログ村 健康ブログへ


コメント

  1. まじっくわんど | URL | -

    お久しぶりです!

    目の健康を取り上げた記事ってレアですよねーー
    前回に続いて勉強になりました。

    自分も強度の近視なのが悩みで、
    目の健康は興味あります。
    日常の中でどうやって鍛えればいいのか…

  2. JAKUTAKU | URL | srF/8RA2

    Re: お久しぶりです!

    >まじっくわんどさん
    コメントありがとうございますv-22

    いやー、そうやって言っていただけると嬉しいです^^
    誰しも、目と歯はいつまでも正常でありたいと思っていますもんね。
    目の健康については、やはり適度に休めてあげることだと思います。
    (とくにTVとパソコンなどが発達し現代では…)
    お風呂や蒸しタオルで目の周囲の筋肉を休ませて、そのあと軽く目の周りをマッサージすることが一番簡単でしょうか^^
    目のツボは目の周りだけでなく、首の付け根(後頭部のキワ)と肩から肩甲骨にかけてもあります。
    できたらそこらへんも、痛気持ちいいくらいで押したり、運動されてみてくださいね^^

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kenkoutabi.blog113.fc2.com/tb.php/203-9405dc03
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。