スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ遺伝子治療か

2011年10月17日 23:15

<遺伝性肝臓病>iPS治療 DNA置き換え マウス使い成功

  1011013-755048-1-L.jpg

 欧米に多いα1アンチトリプシン欠損症という遺伝性肝臓病の患者の細胞から人工多能性幹細胞(iPS細胞)を作り、病気の原因となる遺伝子を改変後に同じ病気のマウスに移植する遺伝子治療に、英サンガー研究所の遊佐宏介博士研究員らが成功した。同症は治療が難しく重い肝硬変を招く。日本にはほとんど患者はいないが、この方法を応用すれば他の遺伝病の治療法も開発できる可能性があるという。論文が英科学誌ネイチャー電子版に13日、掲載される。

 遊佐さんらは患者の皮膚細胞からiPS細胞を作成。そのDNAの一部にある原因遺伝子を、亜鉛を含む特殊な酵素で切断し、目印を付けた正常な遺伝子に置き換えた。目印は付けたままだと別の病気になる可能性があるため、認識するピギーバックというたんぱく質で消去した。これを肝臓細胞に成長させ、マウスの肝臓へ移植すると機能が回復した。

 iPS細胞を使った遺伝子治療は、ある種の重症貧血の動物実験で成功例がある。狙いの遺伝子だけを改変するのが難しく、正常な遺伝子まで傷つけて、別の病気の原因になるという問題点があるが、今回はそうした点を解決できた。論文共著者のバイオベンチャー・ディナベック(茨城県)の房木ノエミ・細胞工学グループリーダーは「iPS細胞は増殖しやすいので、遺伝子治療後の移植に使える正常な臓器組織をたくさん作ることができる。目的の遺伝子だけを改変するので安全性も高く、他の遺伝病でも応用できそうだ」と話している。

  - 文: 毎日新聞  図: 朝日新聞 より引用 -



iPS細胞を使った治療も、ついにこんなものが出てきたか。。。と思わざるを得ません。

最近、iPS治療の分野が凄まじいスピードで研究されており、このブログでも採りあげることが多くなりました。

しかし、今回のニュースは本当に驚きました^^;


ヒトゲノムが解析されて以降、「遺伝子」についての研究もかなり進んでいます。。。

この遺伝子を持っていたら認知症になりやすいとか、この遺伝子があるから○○癌になりやすいとか、この遺伝子のせいで病気が遺伝するなどなど。

まだまだわからないこともありますが、色々なことがわかっていました。

自分の遺伝子も、ある程度費用をかけて遺伝子検査会社などに依頼すれば、知ることができます。
(いろいろな機関があって、どれがイイのかは知りませんが^^)

今回のニュースは、そんな遺伝子をいじる事ができることを示唆したわけです。

どうしても私は古い人間なのか、そんなことはやらない方がいい、なにが起こるかわからない!と思ってしまいます。

とはいえ、もし病気を持っていたり、自分に将来発症することがわかったり、子供に遺伝することがわかったら、このようなiPS治療を懇願するかもしれません。

治療方法があるとわかれば、すがりたくなるのが人間だと思います。

これからも、色々な治療方法が出きます。

ただ、こういった遺伝子をいじる治療は不安を感じずにはいられないのです。。。


↓役に立った・わかりやすかったなど、よかったらポチッとヨロシクお願いしますm(_ _)m
 にほんブログ村 健康ブログへ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kenkoutabi.blog113.fc2.com/tb.php/195-b335178a
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。