スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[薬の話] くすりを服用するときの注意点 その1

2011年04月22日 23:45


「なぜ、くすりは水と一緒に飲むの?」
「水なしでくすりをのんだり、水以外のものでのんだりしてもいいの?」


くすりを服用する際、このような疑問を持ったことはありませんか?

素朴な疑問ですが、大切なことなので、一緒にみていきましょう



さて、内服薬を飲むとき、水やぬるま湯で飲むように指示されることが多いですが、なぜなのでしょうか?

大きな理由は、『 水で飲むとスムーズにくすりが胃まで届くことと、水に溶けることで吸収がよくなると共に、効果が発揮しやすくなるから 』 なのです


くすりを水で飲むことで、くすりが途中でひっかかるのを防ぎ、食道から胃へスムーズに届けることが出来ます。

錠剤やカプセル剤を水なしで飲むと、のどや食道に引っかかったり、くっついたりしてしまい、その場所で溶けてしまうことで粘膜を傷めたり、食道潰瘍を起こすことがあります

粉薬の場合では、気管から肺に入ってしまい、肺炎を起こすということもありえます

これらのことを防ぐためにも、くすりは水と一緒に飲んだほうがいいのです。


また、一般的な内服薬は、コップ1杯(約200cc)の水orぬるま湯で飲むことを前提にしてつくられているので、水なしでのんだり、少量の水でのんだりすると、効果が十分に発揮できません

水に溶けることによって腸から吸収されやすくなりますが、くすりを水なしで飲むと、溶けにくいので吸収が遅れるため、効果が現れにくくなったり、場合によっては、溶けずに便として出てしまうこともあります

下↓のグラフは、水の量とくすりの効き方を表したものですが、空腹時に、薬をコップ1杯程度の水で飲むのに比べて、少量の水の時は、血液中のくすりの濃度の上がり方が悪くなっています。
水の量とくすりの効き方
  -出典:日本病院薬剤師会誌より-

とくに抗生物質や解熱鎮痛薬などはこの傾向が強く、効き目が悪くなるといわれています。

なので、いつもより多めの水orぬるま湯でくすりを飲む習慣をつけておき、狙った効果がちゃんと発揮できるようにさせてあげましょう



 ≫≫ 次(水以外のものは?)へ続きます

↓役に立った・わかりやすかったなど、よかったらポチッとヨロシクお願いしますm(_ _)m
 にほんブログ村 健康ブログへ



コメント

  1. 職人まこと | URL | -

    しりたかったんです

    こんばんは!

    これってずぶの素人の僕からすると
    かなり疑問に思ってきたことの一つでした!

    これだけわかり易く教えてもらえば安心!

    明日早速かみさんに話とこ~っとv-392

  2. JAKUTAKU | URL | srF/8RA2

    Re: しりたかったんです

    >職人まことさん
    こんばんは^^
    コメントありがとうございますv-278

    そういってもらえると嬉しいです^^

    意外と、普段なにも考えずに行っていることって多いですよね^^
    このくすりを水で飲むということもそのひとつだと思います。
    物事には必ず理由があるから、理解して行えば、間違えも起こしにくいはず。
    くすりは、特にカラダに直接作用するものだから、間違った方法をとらないように注意したいですね^^

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kenkoutabi.blog113.fc2.com/tb.php/162-66d907b6
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。