スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寒邪をカラダに入れない

2010年12月04日 22:15

  養生訓 - 第3巻より

 四季を問わず、老人から幼児まで、温かいものを食べなさい。ことのほか、夏は体内に冷えが隠れているので、とくに注意が必要である。若くて元気のある人も、温かいものを食べるべきである。生もの、冷たいものを食べないこと。滞りやすく、また下痢しやすい。冷えた水も多くのではならない


  養生訓 - 第3巻より

 夏に、果物や生野菜をたくさん食べ、冷麺をしばしば食べ、冷水を多く飲めば、秋になったとき、必ず瘧痢(ぎゃくり:食中毒など発熱や下痢を起こす各種感染症のこと)を病む。およそ病気というものは、故なくして起きるものではない。普段から用心していなければならない。


  養生訓 - 第5巻より

 下痢しているとき、あるいは食が滞って腹が病むとき、入浴して腹を温めれば、“気”が巡って病は治る。非常に効果的である。初期であれば、薬を飲むより勝る。


  養生訓 - 第6巻より

 冬に、朝から出発して遠くに行くときは、酒を飲んで寒さを防ぎなさい。空腹で寒さにあたってはならない。酒を飲まない人は、粥(かゆ)を食べなさい。生姜(しょうが)も食べなさい。
 陰性(=寒さ・寒邪)が強い霧の中を遠くまで行ってはならない。やむをえず遠くまで行かなければいけないときは、酒食をとって陰性を防ぎなさい。


    口語 養生訓   -  原著:貝原益軒  訳註:松宮光伸



いろいろな言い方をしていますが、大切なことは 体を冷やさないこと = 寒邪にやられないこと です

寒邪をやられると、下痢や発熱・食欲不振・腹痛・嘔吐・小便自利(おしっこが出過ぎる、または回数が多い)・精力減退・麻痺・筋痙攣など、さまざまな症状が引き起こされます。


では、寒邪を身体に入れないためにはどうしたらいいのでしょうか?

ポイントを挙げると・・・

 ◇ 冷たいもの・生ものを食べすぎないにする。
 ◇ 冷たい飲み物を飲みすぎないようにする。
 ◇ 体を温めるもの(生姜や人参など)を食べる・飲む。
 ◇ 体、とくに下肢と首まわりを冷やさない。
 ◇ 寒さを感じたらすぐに重ね着したりして体を温める。
 ◇ 適度な運動をする。
                             などなど


現代では、冷蔵庫やクーラーの普及によって一年中冷たいものが飲めて、涼しい部屋にいることができてしまうので、注意しなくてはいけないです。

特に温かい地域に住んでいる人の方が気をつけないといけないかもしれません。

20℃といっても夏と冬とでは感じ方は違いますし、人それぞれ体質も異なります。
寒さに慣れてない、夏や温かい地域の人は、慣れていないのでより寒邪を受けやすくなっているのです。


また、寒邪というものは“急に、激しく来る”という性質を持っています。
だんだん来るというものではないのです。

それだけに、体を冷やさないという予防が大切になるし、寒さを感じたらすぐに対処しなくてはいけないことを覚えておいてください



最近では、石原結實先生の『 「体を温める」と病気は必ず治る 』を皮切りに、「体を温める」ということが盛んに言われるようになってきましたし、ひとつの健康法として確立したところがあります。

この「体を温める」ということは、実はすでに江戸時代の貝原益軒の養生訓に重要なこととして書かれています。

当時の住宅環境や衣服の質・栄養状態などを考えるといまよりも「寒さ」は気をつけなければならないものだったのでしょう。

さらに言えば、貝原益軒は2000年以上前の『黄帝内経』『傷寒雑病論』『神農本草経』を始めとした様々な古典を参考にしていたわけですから、「体を温める」ことは昔からある健康法、言い換えれば人間には必要な健康法といえるのです。


「寒邪」というものは、一年中いつでもやられる可能性があります!
寒邪をカラダに入れないよう、常に気をつけて生活していきましょう


↓役に立った・わかりやすかったなど、よかったらポチッとヨロシクお願いしますm(_ _)m
 にほんブログ村 健康ブログへ



コメント

  1. 職人 まこと | URL | -

    お湯割りにしときます

    いやー参考になりました

    ビール好きの私にとっては本当に耳の
    痛い話ですが、2杯目からはお湯割りに
    しておきますv-397

    腰痛対策のタイツが風邪にも有効だったん
    ですね!

  2. JAKUTAKU | URL | srF/8RA2

    Re: お湯割りにしときます

    >職人 まことさん
    コメントありがとうございますv-278

    これからどんどん寒くなっていくので、用心は大切ですね~。
    よく問診していると、冷たいビールを飲んでいて下痢などの症状を起こしている患者さんもいますから、2杯目のお湯割りはイイですね!あと熱燗とかも^^

    腰痛の人はとくに血液の循環は悪くなっていて冷えを感じやすくなっていますから、職人まことさんが実践しているタイツや腹巻・靴下などをして温めておくのは有効な方法です^^b
    暑い夏はともかく、冬はとくにイイと思います。

  3. 紅ちどり | URL | Arp8uk.Y

    先生、やられやすいです

    私、あきらかに寒邪にやられやすいです。

    冷たいものやナマモノは基本的に避けていますが、冷え性がすごいので、スキありです。
    はらまきやレッグウォーマーや、いろいろ取り揃えて防御してはいますが、裸足が好きなのですよ・・・・。

    今ももう、足が冷たい。フットバスに入ります。

  4. JAKUTAKU | URL | srF/8RA2

    Re: 先生、やられやすいです

    >紅ちどりさん
    コメントありがとうございますv-22

    どうしても女性のほうが冷えやすい人が男性よりも多いですね^^;。
    女性は陰に属すため「寒」の性質を持ちやすく、月経や出産の関係により血の循環不足・血自体の量的不足になりやすいので、冷え症になりやすいのです。

    また、冷え方にも色々あります。
    手足がともに冷える・足先だけ冷える・全身冷える・腰から下肢全体にかけて冷える・下半身だけ冷えるなど。
    大きく分けると ①全身が冷える ②下半身が冷える の2つに分けることが出来ます。

    ①は、おもに血自体の量的不足(病院の検査等では貧血と言われなくても。東洋医学独自の考え方による。)により、熱が極端に少なくなり全身を温めることが出来なくておきています。
    また、冷えにより、食欲が少なく、下痢気味で、月経時により冷えを感じやすいなどの症状もあることが多いです。

    ②は、おもに血の循環不足によって起こっていることが多いです。
    下半身は冷えていますが、まだ熱は体にちゃんと残っています。なので、熱が頭に集まって「のぼせ」たり、胃に熱が集まり食欲が旺盛になったり、冷えにより小便の回数・量が増えるが便秘気味になるなどの症状もおきてきやすくなっています。


    対処方法としては・・・

    ①のときは、血自体の量的不足ため、とにかく本文にも書いたような体を冷やすことをやめて、体が温まるようなものを食べることです。月経・出産により血を消耗したときは、ゆっくり休んで、無理に動いて血を使わないようにします。

    ②のときは、血の循環不足のため、体を動かしてからだの循環をよくしてあげることが大切です。当然、体が冷えることには注意が必要です。


    また、紅ちどりさんは裸足が好き^^ということなので、①②両方に共通する効果的なオススメの方法として、ドライヤー・足浴・運動を紹介しておきますね!

    ・ ドライヤーをお灸の代わりに使っていきます^^ 重要なポイントとしては、「冷え」に改善するツボの多い足首のまわり(とくに内くるぶしからアキレス腱の間。内くるぶしから膝にかけてくるぶしより1/3の高さまでOK)・足の裏(とくに拇指球と小指球の間。足裏のつま先より1/3のあたり)・おへそのまわりの3ヶ所がオススメです!
    注意点としては、ドライヤーを持ってない手で皮膚の温度を確かめながら行うことです!温め過ぎは火傷や乾燥の原因になりますから注意してくださいね。

    ・ 足浴はそのままの意味です。足浴は10~20分程度浸かっているとお風呂の入浴と同じ効果があると言われるくらいですから、十分冷えには効果的です^^
    ただ注意しなくてはいけないのは、足浴後は外との温度差により冷えやすく(または冷えを感じやすく)なっています! そのため、足浴後はよく拭いて、すぐに靴下を履いて保温することが大切です。裸足がいい紅ちどりさんは、外気温に慣れるまでの短時間でいいのでスリッパを使ってみてください^^b せっかく温めたのに冷やしてしまっては勿体ないですから。

    ・ 運動は、ウォーキング・スクワット・かかと上げ下げ運動をオススメします^^ どの運動も体の循環を良くしてくれますよ。
    運動は長時間・高負荷でやる必要はありませんから安心してください。短時間・少ない負荷・回数でいいので、体を動かして筋肉に刺激を与えてあげることが大切なのです^^
    また、スクワット・かかと上げ下げ運動は、下肢の血液循環がよくなります。筋肉を刺激すると血液が循環するようになりますし、筋量が増えることで代謝が上がり、冷えにくくなりますよ^^
    同時に足の指のグーパー運動などもいいですね。



    わかりにくいところも多いと思います^^;
    質問があれば分かる範囲で答えたいので、気軽に質問してくださいね!

    (もしかしたら、コレを本記事にするかもしれません(笑))

  5. 紅ちどり | URL | Arp8uk.Y

    ドライヤー、気持ちよさそう!

    そういえば、肩こりにドライヤーというのを聞いたことがありますが、足に使うとは!目からウロコ~。今晩、早速やりたいと思います。

    冷え性のタイプとしては多分①です。
    いわゆる血虚ということですよね?肝・胆の不調は多いように感じます。

    知りたいことは~。「どうしたら、運動が好きになるか」。気分がいいときはできるけど、乗らないときは全然ダメなんです。ほんと、自分に甘くてね・・・。

  6. JAKUTAKU | URL | srF/8RA2

    Re: ドライヤー、気持ちよさそう!

    >紅ちどりさん
    コメントありがとうございますv-266

    ドライヤーは意外と重宝しますよ^^
    ぜひ、火傷に注意しながら試してみてください!


    いや~、「血虚」「肝・胆」なんて言葉が出てくるとは思いませんでした^^; 勉強されていますねぇ。

    そうですね、確かに①は血虚の一種です。ただし、血虚にも程度があって①はより重い、言い換えるなら陽気まで弱くなってしまった状態なのです。
    こうなると陰陽は交流できなくなって全身が冷えてしまうのです。

    主に血を管理しているのは「肝と心」です。ですから、肝・胆に不調が多くなります。
    しかし、血を製造しているのは「脾(分かりやすく言えば胃腸)」で、肝と腓はともにバランスをとっているので脾の症状が出てくるとともに、脾も良くしてあげないといけないのです。
    だから、食事と運動がポイントになっていきます。
    (脈や体を見ていないので紅ちどりさんが①かどうかは判断できず、あまり断定的に薦めることはできないのであしからず^^;)


    質問は「どうしたら、運動が好きになるか」ということですか。
    基本的に>気分がいいときはできるけど、乗らないときは全然ダメ。これは全然悪いことではありません。気分が乗らないときは体調からそのような気分になってしまうこともあるし、無理のし過ぎはより血を消耗してしまいよけい堪えますから。
    ただ、できるときとできないときがあっても“なにか目標を立てること”と“1・2週間のスパンで考えること”をしてみてください。

    目標を立ててないとやる気は長続きしませんし、運動が好きになりません。大きな目標はいりません。小さくて欲望が絡んだ具体的な目標がベストです(笑)
    ○㎏痩せたい・ご飯をおいしく食べるために・足を温めるためになど。あまり「健康のため」というのは漠然すぎてうまくいきません。

    また、1週間で2回やれたというようにやれた回数に目を向け、1日やれなくても気にしない姿勢が大事です。
    1日ごとにやれた・やれなかったを考えないで、長いスパンで考えたほうが気が重くなりません。
    運動に気分は大切です。気を楽にしてやったほうがより楽しめます。

    …の2つですが月並みな答えですみません^^;

    あと、オススメが「始めの1分と10メートル」です!
    とにかく、ラジオ体操でも始めの1分・ウォーキングでも始めの10メートルをやり始めることが運動をやるコツです^^
    運動をやり始めるまではどうしても億劫になりやすいです(よく私もなります(笑))。そういったときは短い時間でいいからやり始めることです。意外とやり始めるとそのまま体を動かしてしまうものです^^
    運動し始めてもそのまま気分が乗らなければすっぱり止めればいいのですから、気楽にやってみることが好きになる第一歩です^^ 

  7. 紅ちどり | URL | Arp8uk.Y

    なるほどなるほど。納得です!
    そういえば、私、慢性の皮膚疾患があるのですが、以前経絡の先生にその湿疹を偶然披露してしまい、「これは、胃経と脾経ですね」といわれたことがあります。
    JAKUTAKUさんのコメントを読んでいて、「また脾ですか!」とうなりました・・・・。

    運動に関しても「自分で考えなさいよ~」というようなぼやきだったのに、アドバイスをありがとうございます!
    「合わない。気が乗らない」と思ったら、やめてしまって、次を探せばいいんですよね。気が楽になりました。
    自分で気持ちのいい程度の運動を続けていくようにします。

    何かをするとすぐに結果が欲しくなってしまって、だめですね~。
    ありがとうございました。

  8. JAKUTAKU | URL | srF/8RA2

    Re: タイトルなし

    >紅ちどりさん
    コメントありがとうございますv-278

    う~ん、皮膚疾患は起こる原因や症状などが人それぞれ違い、一概に「脾」とは言えないのが、皮膚疾患の難しいところ・・・。自分がアトピーなだけにいろいろと自分で試しながら治療しているけど、難しさを日々体感してます^^;

    運動は、どんな方法や考え方を用いてもいいのでやってみること、続けることが大切ですからね。
    >自分で気持ちのいい程度の運動を続けていく。というのはとてもイイ考え方だと思います^^

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kenkoutabi.blog113.fc2.com/tb.php/116-df3b30f8
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。