スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

膵臓がんの早期発見につながるか

2010年11月17日 23:54


膵臓がん 広がる仕組みを解明 愛知医大

粘液物質が進行促進

早期発見が難しい膵臓(すいぞう)がんで、がん細胞が拡散していくメカニズムを、愛知医科大の池田洋教授と稲熊真悟助教らの研究グループが突き止めた。がんの治療薬や早期発見法の開発につながる可能性が期待される。

 膵臓がんは膵臓と十二指腸を結ぶ膵管の内壁にできるが、内臓の深部にあるため早期発見が難しい。近くのリンパ節や神経に転移しやすく、他のがんに比べて治療が難しいといわれる。

 グループが着目したのは粘液物質「MUC5AC」。通常は胃の中にあり、粘膜を保護する役割を果たしているが、がんになった膵管にだけ、この粘液物質が検出されている。

 膵管のがん細胞を調べたところ、MUC5ACが内壁から発生し、細胞同士をつなぐ接着物質を壊すことが分かった。がん細胞の集団がバラバラになるため、より組織の深部まで進行していくと結論づけた。

 また、膵臓の細胞内で、がん細胞の増殖に影響することが分かっているタンパク質「GLI1」を遺伝子操作をして増やしたところ、約20種類の粘液物質のうちMUC5ACだけが増えることも判明。GLI1が、がん細胞を分断するMUC5ACを生み出すことが分かった。一連の研究内容は英国のがん専門誌「オンコジーン」電子版に発表した。

 研究を指導した笠井謙次准教授は「膵臓にMUC5ACが出ているかを調べれば、がんの早期発見につながる。MUC5ACの増加を抑える薬が開発されれば、がんの進行を防げるかもしれない」と話している。


   - 中日新聞より引用 - 




早期発見が難しいことで知られる『膵臓がん』。

ぜひとも、このまま研究が進み、早期発見・治療薬の開発につなげてもらいたい!

↓役に立った・わかりやすかったなど、よかったらポチッとヨロシクお願いしますm(_ _)m
 にほんブログ村 健康ブログへ



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kenkoutabi.blog113.fc2.com/tb.php/109-40f4a509
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。