身を損なう原因

2010年03月31日 23:13

  養生訓 - 第1巻より

 養生の術は、まず自分の体を損なうものを取り除くべきである。体を損なうものとは、内欲と外邪のことである。

 内欲とは、飲食の欲、好色の欲、眠りの欲、おしゃべりの欲、それに「七情」、すなわち〈 喜ぶ・怒る・憂う・思う・悲しむ・恐れる・驚く 〉の七つの感情を表わす欲をいうのである。
 外邪とは、四つの天気である。〈 風・寒さ・暑さ・湿度 〉の四つをいう。

 内欲をこらえて少なくし、外邪を恐れて防ぐ。これで元気を損なうことなく、病気にならず、天から授かった命を長く保てるのである。

     口語 養生訓   -  原著:貝原益軒  訳註:松宮光伸 


 東洋医学では、「万病はみな虚実で生じ、みな五臓の精気の虚より発生する(素問調経論第62編)。」とあり、五臓(=肝・心・脾・肺・腎)の精気が虚すことで病気になるとしています。

そして、病気になる、五臓の精気が虚す原因として、内因・外因・不内外因があります。

・ 内因とは、感情の大きな変動が病気の原因になることです。怒・喜・憂・思・悲・恐・驚の7つで、「七情」ともいいます。

・ 外因とは、天候・温度・湿度・気圧などの外的な環境の変化による原因のことです。風・暑・湿・燥・寒・火の6つのことで、「六淫」or「外邪」ともいいます。

・ 不内外因とは、内因・外因以外の原因のことです。飲食・労働・外傷・薬害・SEXなどのことです。



 貝原益軒は、養生訓の中で「内欲」を堪えること・「外邪」に注意することを多くのところで書いています。
この2つを防ぐことで、身を損なわず、元気でいられることを言っています。

天災や事故などは防ぐことはできませんが、「内欲」・「外邪」は防ぐことができることです。
自分の身より生じることは努力することで防げ、注意することを怠らなければ、環境の変化にも対応できます。


ぜひ、内欲をこらえて少なくし、外邪を恐れて防ぐことで、精気・元気を損なわないようにしましょう!


↓役に立った・わかりやすかったなど、よかったらポチッとヨロシクお願いしますm(_ _)m
 にほんブログ村 健康ブログへ

養生の大切さ

2010年03月29日 23:30

 みなさんは 『 養生 』 をしていますか?

養生とは、健康に注意し、病気にかからず丈夫でいられるように努めることです。

長い人生を健康に楽しく生きるには 「 養生 」 は必要不可欠。

しかし、健康でいたいと言いながら、養生をせず、自分の思ったまま行動している人もいます。
健康でいたいと望むなら、まず養生することを意識しなければなりません。


ここで『養生訓』から一文、紹介します

  養生訓 - 第2巻より

 世の中の人に多く会ってみると、生まれつき短命の相がある人はまれである。長寿に生まれついたような人でも、養生の術を知らないために実行できなければ、生まれついた天寿を保つことはできない。
  
  ~中略~

 今の人の、欲をほしいままにして命を損なうのは、たとえば自らの喉笛を断つようなものだ。喉笛を断って死ぬのと、養生をせず欲をほしいままにして死ぬのとでは、遅いか早いかの違いはあるが、自害ということでは同じである。

 「気」が強く、長命に生まれついた人も、「気」を養わなければ、必ず命短くて天寿を保てない。
 これは自害したことと同じである。

       口語 養生訓   -  原著:貝原益軒  訳註:松宮光伸 



短命か長命かどうかは、私たち次第なのです。

自分が長生きしたいと思うのなら、養生することを大切にしなければなりません。


みなさんも養生の術を知り、実践して、天寿をまっとうしましょう・・・。


↓役に立った・わかりやすかったなど、よかったらポチッとヨロシクお願いしますm(_ _)m
 にほんブログ村 健康ブログへ

ストレッチ実践 - 4  【ヒラメ筋のストレッチ その2】

2010年03月27日 23:04

 姿勢を支える部位なので、常に酷使され、疲労が溜まりやすいところ。
 スポーツをする人に限らず、日常的にケアしておきたい。
 腓腹筋のストレッチとは違うのでやり方に注意が必要です。

≪ 種類 ≫ スタティック(静的)ストレッチンング

≪ 部位 ≫  下腿後面

≪ 筋肉 ≫ ヒラメ筋 (&アキレス腱)

≪ やり方 ≫

A14.jpg
[ 続きを読む ]

ストレッチ実践 - 3  【ヒラメ筋のストレッチ その1】 

2010年03月26日 01:32

 姿勢を支える部位なので、常に酷使され、疲労が溜まりやすいところ。
 スポーツをする人に限らず、日常的にケアしておきたい。
 腓腹筋のストレッチとは違うのでやり方に注意しましょう。


≪ 種類 ≫ スタティック(静的)ストレッチンング

≪ 部位 ≫ 下腿後面

≪ 筋肉 ≫ ヒラメ筋 (&アキレス腱)

≪ やり方 ≫
A13.jpg
[ 続きを読む ]

いつも楽しい生活を。

2010年03月24日 23:54

私は「いつも楽しく」を人生のひとつの目標として毎日を過ごしていますが、みなさんはどうでしょうか?

楽しいということは素晴しいことです。
世界が明るく見えるし、笑顔でいれるし、健康にもイイ。

一度きりしかない人生、なるべく楽しく生きたい!
多くの人が一度は思うことだと思います。


ただ言うは易し、行うは難し・・・。

「いつも楽しく」というのは簡単なことではないです。

日々常に、大なり小なり、善いこと悪いことがなにか起こります。
仕事で怒られる・夫婦けんか・宝くじが当たる・渋滞に巻き込まれる・友人が亡くなる・子どもが生まれるなどなど。

怒・喜・思・憂・悲・恐・驚など色々な感情が、日々の出来事によって顔を出してきます。
なかなか「いつも楽しく」という訳にはいかないものです。

ただ、人間は常に同じ感情ではないといのもまたひとつの事実です。

イライラしても、辛くても、悲しくても、一生その状態が続くということはないと思います。
その期間が長いか、短いかが大切なのです。


さて、私がここで言いたいのは、
様々な感情が湧いてきてもなるべく早く楽しい方向に舵をきる。
ということです。

イライラし始めると怒の感情がだんだん膨れていきます。
そして、なかなかその状態が抜けにくくなり、最終的に病気になってしまいます。

なので、早めに気持ちを切り替えるように努力する必要があるのです。
一週間イライラしてるくらいなら、1日目で切り替えれば、残りの6日間は楽しく過ごせるくらいの発想で。

楽しいという良い状態に持っていくことが大切なのです!!




とはいえ、これはとても大変なことです・・・。

楽しくいようと思うことが大切だ。と言いましたが、「そんなに簡単に切り替えれたら世話ないわ!」と反論したくなるところ。
まさしくその通りで、感情を切り替えようと思っても、すぐに切り替えるのは難しい。

では、どうしたらいいのか?


思っているだけでは、感情は変わりません。
実践・実行・行動のみが気持ちを変える、唯一の方法なのです。

感情というのは受動的なものです。

なにかしらの出来事によって、自分の感情が左右されているのです。
自分がイライラしたくてイライラしているわけでなく、誰かやある出来事によってイライラさせられている。
だから、なかなか思うだけで自分の感情が切り換えれないのです。


しかし、実践・実行・行動は能動的なものです。

行動をするかどうかは自分が決めることであり、その結果で感情が動くということは、能動的なことといえるはずです。
言い換えれば、実践・実行・行動というのは、自分で感情を変えるための手段ともいえるのです!

切り替えようと思ったら、とにかく何か楽しくなるようなことをやってみること

お笑いをみたり、楽しい会話をするようにしたり、本をよんでみたり。
なにげないものを見て、なにか考えてみるのもいい。
例えば、「このコンセント、顔にみえるなぁ(笑)」とか^^

また、人によっては、なにかみて構造や仕組み・歴史などを考えることも楽しいことのひとつかもしれない。

自分から楽しくなろうと思って、行動することが大切なのです。




あまり難しく考えず、とにかく行動してみる。
これで気持ちを切り替えて、いつも楽しい感覚を持っているようにしましょう。

日々なにかを楽しいと思う目線を忘れず、習慣にしてしまえば、なにかあっても楽しくいられる。と私は思います。

はじめにも書きましたが、「いつも楽しく」はとても素晴しいことです。

ぜひ、みなさんも楽しい生活を・・・


↓役に立った・わかりやすかったなど、よかったらポチッとヨロシクお願いしますm(_ _)m
 にほんブログ村 健康ブログへ