スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花粉症について。 その1

2011年02月11日 18:55

鼻がムズムズするぅ!

この写真をみて、鼻がムズムズしたら、あなたは花粉症かも知れませんね(笑)


さて、花粉症の患者数は推定で約2,000万人。
国民の約6人に1人は花粉症の症状を持っていることになります。

また、2005年の文部科学省の調査によると、1~3月期の経済損失(娯楽費、外食費、食糧費の減少)が数千億。
一方、経済効果(マスク、空気清浄機などの花粉グッズの売り上げ)が約1,000億円といわれています。

日本に多くの影響を及ぼす花粉症。。。

今回は、そんな 『 花粉症 』 について採りあげていこうと思います


花粉症については、色々な情報が飛び交っています。
ここでは、基本的な情報を簡単に説明していこうと思っています。

花粉症の人は、もう知っていることばかりかもしれませんが、おさらい・復習と思って読んでみてくださいね




○ 花粉症の症状


花粉症の主な症状は、“ くしゃみ・鼻水・鼻詰まり・目のかゆみ ” とされ、「花粉症の4大症状」とも呼ばれています。

そのほかに、人によって、皮膚のかゆみ・のどのイガイガ感・頭痛・咳などがあり、それに伴なって睡眠不足、集中力の欠如、イライラ感、食欲不振なども起こることがあります。


症状が似ているものとして、アレルギー性鼻炎・風邪などがあります。

  [アレルギー性鼻炎との違い]

 アレルギー性鼻炎は1年を通して症状が出やすいですが、花粉症は時期が決まっています。
また、屋内のほうが症状が強い場合、ハウスダストなどによるアレルギー性鼻炎を疑ったほうがいいです。
似通った症状も多いため、専門家の診断を受け、原因を判明させることが望ましいですね^^

  [風邪との違い]

 風邪の場合は、一般的に目のかゆみはなく、鼻水は黄色っぽくなり、粘っこいものになります。高熱が出る場合もあります。
一方、花粉症は、水のようなサラサラした鼻水と目のかゆみがあるのが特徴的です。
また、屋外に出たときに、症状も強くなるという点も風邪との違いとなります。

 

症状には個人差があり、人によって出る症状は様々。

鼻が詰まるだけの人もいれば、目のかゆみ・皮膚のかゆみがメインの人もいて、重症になるとすべての症状をもっているという人もいます。

原因が同じでも、症状が違えば、くすりや対処法も変わっていきます。
また、症状の重症度によってもくすりの種類が変わります。

症状がしっかり把握できていれば、医師も効果的なくすりを処方しやすく、対応策もとれるようになります

そのため、自分がどうような症状を持っていて、どうすると症状がでるかを把握するのは大切なことになります

自分の花粉症の症状を把握するために、どういうときに症状がひどくなったのかなどを記入する「花粉症日記」というものをつけてみるのもイイと思いますよ^^
(参考として→セルフドクターネット日本新薬エクセル式花粉症日記※エクセルになるので注意)


    ≫≫ 次へつづく

↓役に立った・わかりやすかったなど、よかったらポチッとヨロシクお願いしますm(_ _)m
 にほんブログ村 健康ブログへ
スポンサーサイト

花粉症について。 その2

2011年02月14日 23:59

花粉症について。その1」のつづき



 ○ 花粉症が起こる仕組み

花粉症になる人とならない人がいますが、花粉症の人はどうして鼻詰まりや目のかゆみなどの症状が起きるのでしょうか?

花粉症の人のカラダの中ではどのようなことが起きているのか、簡単にみていきましょう



さて、花粉症というものを簡単に言えば、「花粉によっておこるアレルギー疾患」といえます。

花粉症は、食物アレルギーやアトピー性皮膚炎・蕁麻疹などと同じアレルギー反応によって引き起こされています。

つまり、どの原因物質に過剰に反応するか、という違いであり、花粉症はそれが“ 花粉 ”によっておこっているということになります。


人間の身体には、もともと「免疫」という機能があります。

体内に入った異物(細菌やウイルスなど)を排除しようと働き、さらにその異物に対抗するための抗体を作り、日々私たちの身体に侵入するものと戦ってくれています。

しかし、この免疫のシステムに不具合が生じ、異物を排除しようとして抗体が過剰に働いてしまうことを「アレルギー反応」といいます。

花粉症でいえば、体内に入ってきた “ 花粉 ” という異物に対し、鼻水や涙・くしゃみによって排除しようとする反応が過剰に働いてしまっておこっているのです

花粉症は、花粉に対するアレルギー反応ということになります。



もうすこし詳しくみていきます。。。


まず、花粉が体内に侵入します。

すると、身体は花粉に抵抗する「抗体」を体内に作ります。

抗体が作られた後、ふたたび体内に花粉が入ってくると、鼻や目にある肥満細胞という細胞の一種で抗体とが結合し、花粉に対して抗体のついた肥満細胞が化学物質を出して応戦します

この分泌された化学物質(ヒスタミンやロイトコリエン)が、目・鼻の神経や血管に作用し、花粉を外に出そうとしてくしゃみや鼻水、涙を出すなどをします。

しかし、抗体のついた肥満細胞は花粉が入ってくるたびに増え、過剰に化学物質(ヒスタミンやロイトコリエン)を分泌してしまい、くしゃみ・鼻水・鼻づまり、目のかゆみなどの症状を引き起こすのです


花粉症の仕組み - 模式図 -

(ヒスタミンやロイコトリエンの出方や量により、症状が起こる場所や強さが違ってきます。
ヒスタミンは、鼻や目の粘膜の表面にある知覚神経を刺激し、くしゃみ・鼻水、目のかゆみを引き起こします。
一方、ロイコトリエンは、血管に働きかけ、血管を拡張させて粘膜を腫らし、鼻づまり、目の腫れ、充血を引き起こします。)




知っているということも多かったと思います^^;

しかし、花粉症の仕組みについて知っておくことは花粉症対策につながります。

仕組みを知れば、くすりの種類や服用時期、対応策などいろいろと役に立つこともあるかと思います。

今回で、簡単に復習できた!と思っていただけたなら、幸いですね^^


    ≫≫ 次へつづく

↓役に立った・わかりやすかったなど、よかったらポチッとヨロシクお願いしますm(_ _)m
 にほんブログ村 健康ブログへ

花粉症について。 その3

2011年02月16日 23:55

「花粉症について。 その1その2」のつづき。



 ○ 花粉症対策 - くすり編


花粉症への対策には、いろいろな方法や種類があります。
薬物療法・減感作療法・手術療法・セルフケア  etc...
根本的に治るという治療法はなく、どれも一長一短。

なので、どんな治療法があるのか知っておくことは大切です。

今回はその中でも 『薬物療法』をみていこうと思います^^


さて、花粉症かな?と思い、医者に行ったら花粉症と診察された。
…といったら、やはり基本は “ くすり ” での治療がメインになります

くすりにも様々な種類がありますが、大きく分けると以下の2つに分けることができます。

 a. 花粉症の症状が出ないようにするもの
 b. 症状を緩和するもの


服用の仕方や注意点も大きく異なるので、自分がどれを使っているのか知らなくてはいけません。


その中でも、代表的なくすりをみていきます。


 ① 抗アレルギー薬

このくすりは、「a. 花粉症の症状が出ないようにするもの」にあたります。

この抗アレルギー薬は、花粉症の症状が出る前に服用しておくことで、症状を抑えることができるくすりでよく予防薬として病院で出されます。

抗アレルギー薬は、ヒスタミンやロイコトリエンといった目・鼻の粘膜を刺激する化学物質の放出を抑える作用があるので、血管や神経に影響が出ず、鼻づまりやくしゃみ・目のかゆみなどの症状が出ないようになるのです。

ただし、効果が出るまでに2週間ほどかかるため、少なくとも花粉が飛び始める2週間くらい前から飲み始める必要があります

また、たとえ症状が出ても、症状が軽くしか出ないことも多いので、花粉飛散開始直後に飲んでもOKです^^

抗アレルギー薬は、花粉が飛ぶ前2週間以上前から服用し始め、花粉が飛ばなくなるまでシーズン通して服用することも多いです。



 ② 抗ヒスタミン薬

このくすりは、「b. 症状を緩和するもの 」にあたります。

この抗ヒスタミン薬は即効性のあるくすりで、症状が出ているときに使用します

抗ヒスタミン薬は、鼻水や目のかゆみ、くしゃみなどのアレルギー症状を起こす化学物質(ヒスタミン)が神経や組織にある受容体とくっつく前に、くっついてしまうことで受容体の活動を抑える働きがあります。

簡単に言えば、鍵穴に鍵が差し込まれる前に、鍵穴をふさいでしまう作用といえばわかりやすいでしょうか。
(どこかのくすりのCMにも似たようなイメージがあったような…^^)

鼻詰まりに効く抗ロイコトリエン薬というのもありますが、作用は抗ヒスタミン薬と同じになります。


ただ、抗ヒスタミン薬には古いタイプの「第一世代抗ヒスタミン薬」 と 新しいタイプの「第二世代抗ヒスタミン薬」の2種類あるので注意が必要です。

「第一世代抗ヒスタミン薬」は、即効性があり、飲んで数十分で強い効果が出てきますが、作用の持続が比較的短時間です。

また、眠くなったり、口が渇いたり、頭がボーっとしたり、体がだるくなったりするなどの副作用が強く出ることが多いです。
車の運転や危険な仕事・作業のときには避ける必要が出てきます。

一方、新しいタイプの「第二世代抗ヒスタミン薬」は、作用持続時間も長く、抗アレルギー作用を有するものもあり、継続して服用することで症状が軽減されやすいです。

また、「第一世代…」より眠気や口の渇きなどの副作用が少なくなっています。
(ただし、副作用の出方は人によってかなり異なるので、あしからず。)


「第一世代抗ヒスタミン薬」は主に市販薬で使われていることが多いですが、現在治療の中心となっているのは「第二世代抗ヒスタミン薬」のほうで、(一部を除き)病院でしか処方されません。

「第一世代抗ヒスタミン薬」は市販薬ですので、簡単に手に入れることができ、飛散量が少ない季節や症状が軽い人では鼻水・くしゃみの症状に多少効果は期待できます。

しかし、「第一世代抗ヒスタミン」は飛散量の多い季節ではあまり効果が期待できず、同じくすりを服用するのであれば、面倒でも病院に行って診察を受け、「第二世代抗ヒスタミン薬」を処方してもらい、適切に飲んだほうがいいでしょう


(※抗アレルギー薬・第一世代抗ヒスタミン薬・第二世代抗ヒスタミン薬という呼び方は、医師・研究者や治療する疾病の分野によってやや異なることがあるようです。)



 ③ ステロイド薬

ステロイド薬は、花粉症の症状がひどく、抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬で症状が良くならないときに使用されるくすりです。

ステロイド薬は、炎症を抑える作用が強いので、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの鼻の炎症を抑えてくれます。

非常によく効く薬ですが、長期間使うと副作用が出やすいので、使用には十分な注意が必要となります。

そのため、医師の指導を受け、必要なときだけ使うようにしてください

市販薬の点鼻薬にも含まれていることがあるので、買うときは薬局の薬剤師の方に効くほうが無難です。

ただ、一般的に悪く言われているステロイドですが、使わなくてはいけないときもあり、ちゃんと使用用量・方法
を守って使うことが大切です。

アレルギーがひどすぎる場合、とにかく症状をおさえ、 拡大悪循環に陥らないのがもっとも大切なことになります。
そのときには、ステロイドは有効な手段です。

必要以上にステロイドを恐れてしまいがちですが、この薬も「使い方次第」ということです。





くすりでの治療でとにかく大切なのは、はやめはやめの対策です

症状が出る前から早めに備えることが、シーズンを通して楽に過ごせるコツ。

対策をとらずに、一度症状が出てしまうとなかなか炎症が治まりきらず、大変な目にあっていまいます。

比較的、安全性が高い抗アレルギー薬は、効き始めるのに2週間くらい時間がかかるので、最低でも花粉が飛び始めるシーズンの2週間くらい前には花粉症対策をはじめましょう

(服用を始める時期の目安として「2月の第1週から」とも言われています。)


また、その場しのぎ・手当たり次第にくすりを使うことは止めるようにしましょう。

市販の目薬や点鼻薬だけを、やみくもに使用すると、副作用の可能性があります。

花粉症かな?と思ったら自分で判断しないで、まず病院にいき、医師にみてもらうことが花粉症をひどくさせない方法となります


    ≫≫ 次へつづく

↓役に立った・わかりやすかったなど、よかったらポチッとヨロシクお願いしますm(_ _)m
 にほんブログ村 健康ブログへ

花粉症について。 その4

2011年02月21日 22:10

「花粉症について。 その1・その2・その3」のつづき。



 ○ 花粉症対策 - その他


前回は、「くすりによる治療」について採りあげました。
今回は、それ以外の治療法をみていきしょう。。。


 ● 減感作療法 (特異的免疫療法)


花粉症には、いまだ完治する根本的な治療方法はありません。
あくまで、花粉症の症状に対してどうアプローチしていくのか。という対症療法しかないのが現状です。

そのなかでももっとも根治療法として近いと言われるのが、“ 減感作療法(げんかんさりょうほう) ” です。
この療法は免疫療法とも呼ばれています。

治療の方法としては、『 花粉症の原因となるアレルゲンの薄めたものをはじめ注射し、少しずつ濃度をあげながら繰り返し体内に入れていくことで徐々に花粉を体に慣れさせていき、アレルギー反応を起こりにくくする。 』というものです

この方法により、薬物療法とは異なり、治療終了後もアレルギー防止効果が持続してくれます。

長期にわたって花粉症の症状を落ち着かせ、安定した状態にすることができる治療法といえます。

この減感作療法で約4割から8割が完治するとも言われています。
再発の恐れがないわけではありませんが、花粉を吸い込んでも症状が出なくなります。

花粉症に悩まされている人にとってはひとつの選択肢となる治療方法です^^


ただし、この治療にもデメリットがあります。

それは、「 時間がかかる 」 ということ。

注射を週に1回からはじめ、徐々に2週に1回というように間隔をあけ、量を増やし濃度を上げていきます。
効果が出るまでに3ヵ月ほどかかり、個人差もありますが約3年ほど続ける必要があるのです。

はじめのうちは根気よく通院しなくてはいけないので、忙しい人にはそこらへんがネックになります。

毎週ではないにしろ3年も治療を行うのでお金もかかります。
(とはいえ、毎年花粉シーズンに使うお金と3年以降はあまり使わなくてもいいこと、つらい花粉症が避けられるということを考えれば、逆に安いかもしれません^^)


また、、まれにショック状態(アナキラフィシーショック)を引き起こす可能性もあるので、自己判断や通販などのもので行わず、必ず医師と相談するようにしてください。

医師が計画的に慎重に治療し、適切な処置をすれば注射時以外の副作用はほとんどなく行えます。

複数のアレルゲンで症状が出る人には、効果があまり期待できないとも言われ、どこの病院でも減感作療法を受けられるとは限らないということも覚えておいてください。



 ● レーザー療法


レーザーと聞くとなんだかこわく感じるかもしれませんね^^

このレーザー療法というのは、『 鼻の粘膜の表面をレーザーで焼くことで、鼻の通りをよくする 』というものです。

主には鼻詰まりの治療法で、鼻水・くしゃみも若干軽減します。
一般的に、花粉症シーズンの1~2か月前に“ 予防 ” として行うこととなります。


デメリットとして・・・、効果の程度には個人差があり、半年ほど(長ければ数年)で粘膜が再生するので、花粉症の症状も再発してしまいます

そのため、毎年レーザー療法を行う患者もいますが、そうした繰り返しの処置によって粘膜が変化してしまうということにもなりかねません。

このような後遺症については、歴史が浅いこともあって 「安全だという医師もいれば、毎年はやらないという方針の医師もいる」 というように明らかな知見はないようです。

よく医師と相談の上、決めるようにしてください。

また、レーザー治療をしても、花粉の量が多い年や重症の人などは、シーズン中症状が出ることもあります。

なので、花粉症対策は怠らないようにして、第二世代抗ヒスタミン薬などのくすりと併用していくこともあるということを覚えておきましょう。



 ● 高周波治療


高周波治療というのは、アレルギー症状を引き起こす鼻の中の粘膜を高周波を使い、凝固させる手術のことです。
「高周波電気治療」とか「高周波粘膜凝固治療」などとも呼ばれています。

アレルゲンに反応するのは鼻の中にある粘膜なので、高周波を使い、焼き固めて粘膜細胞の数を減らすことで、症状を緩和させようとした治療になります。

100あるアレルギーの細胞を30くらいに減らすようなイメージで、ゼロにはできず、症状の有無によってくすりを加減する必要はあります。

効果がどのくらい続くかも個人差があり、だいたいこの手術による効果は2~3年くらいだと言われており、再度治療を受ける必要があります。


一年中アレルギー性鼻炎である人やその他の療法では治らない人、くすりが効かないような重症の人、くすりの使用が制限されている人などにとっては、治療の選択のひとつとなります。

通常、症状がひどくなるシーズンは、手術すると一時的にアレルギー症状がひどくなるので手術は避けるようにし、アレルゲンである花粉の飛散が少ない時期に手術をするのが普通のようなので、悩んでいる方・興味のある方は一度、医師と相談してみてください。



 ● 代替医療・民間療法


その他にも、代替医療・民間療法などがあります。

漢方薬・ハーブ・アロマ・鍼灸・甜茶やヨーグルトなどの食品や飲料・サプリメントなどなど。

代替医療・民間療法においては、効果のあるもの・効果が認められないものという情報があいまいで、真偽乱れていることが多いです。

花粉症の症状の緩和作用が指摘され、試験でも効果が認められたというものもありますが、その結果はわずかで、有用性の確認にはまだまだ検討の積み重ねが必要とされています

事実、スギ花粉をそのままカプセルにつめた健康食品を服用した患者が、アナキラフィシーショックを起こし、一時意識不明になるという事故もおきています。
厚生労働省は、「残念ながら民間医療の多くに十分な効果の根拠があるとは言えません。」「安全性が危惧される民間医療も指摘されています。」ともしています。

効果のあるものが存在するのも事実ですが、まずは病院への診察を基本と考えましょう。

そして、医師と相談しながら、代替医療・民間療法を検討するようにするのがベターだと思います^^





それぞれの療法には、一長一短があります。

そのため、花粉症対策の選択のひとつとして、どんな治療法があるのか知っておくことは大切なことだと思います

もし、花粉症で悩んでいたら、一度医師と相談してみてはいかがでしょうか?

その治療方法が、症状の改善に繋がるかもしれませんから。。。



    ≫≫ 次へつづく


↓役に立った・わかりやすかったなど、よかったらポチッとヨロシクお願いしますm(_ _)m
 にほんブログ村 健康ブログへ

花粉症について。 早めの準備

2012年01月22日 23:11

「花粉症について。 その1・その2・その3・その4」のつづき。



 ● 初期療法

花粉症対策には、シーズン中のつらい症状をできるだけ軽くするために、花粉が飛び始める前から治療を始める 「初期療法」 というものがあります

初期療法は、『 症状を軽くする・症状が出る期間を短くする・最盛期に使用する薬の量を減らす 』 などの効果を目的として行います。

  初期療法の効果(イメージ図)
 - 鼻アレルギー診療ガイドライン 2009年版(改訂第6版), ライフサイエンスより引用 -


初期療法の特徴は、花粉が飛ぶ少し前からクスリによる治療を開始するところ

初期療法を開始するタイミングは、「花粉飛散開始日の2週間くらい前から」 が基本となります。

そのため、毎年重症になる人も含め、症状を抑えるための準備をしたい人は、はやめに病院に行く必要が出てきます。

花粉の飛散開始日は、年や地域によって異なるので、テレビやインターネットなどの花粉情報をチェックして、病院に行くようにしましょう^^

本格的な飛散開始が予測される時季の2週間~10日前ごろまでがよく、おおよそ2月の第1・2週までには受診したいところですね。



さて、「 初期療法 」 は、くすりによる治療法なので、使用されるくすりの特徴も知っておきましょう

初期療法には、抗アレルギー薬を使用し、眠くなりにくい第2世代抗ヒスタミン薬や抗ロイコトリエン薬なども使われます。
(抗アレルギー薬や第2世代抗ヒスタミン薬については、その3をお読みください)

花粉症の症状の多くは、ヒスタミンという体内物質によって引き起こされます。

そのヒスタミンの働きを、早い段階からおさえるのが初期療法の目的となります。


初期療法のくすりには色々な種類があり、花粉症で初めて受診する場合、どれを使うかは医師の判断によります。

症状などに応じてくすりを選ぶため、毎年いつごろから、どのような症状が出るかを医師にきちんと伝えることも大切になります。

また、症状とくすりを飲んだ効果を確認しながら、医師と手探りで合うくすりを見つけていくことにもなります。

くすりには、患者の体質との相性もあり、初期療法を試したが効果がなかったという場合でも、くすりのタイプや種類を変えると効果がみられることもあるので、処方された薬名や効果をきちんと記録しておきましょう^^



毎年必ず重症化する人は、市販薬だけで対処せず、病院へ行き、初期療法を受けた方がいい。といわれています。

目安は、くしゃみ発作(一度に続けて出ても1回と数える)が1日10回以上あること、鼻づまりが1日中続いていることなど。

症状が強くなるまで放置すると、治療に何種類ものくすりが必要になる上、鼻の粘膜の過敏性を高めてしまうこともあるため避けたほうがイイです。

鼻の粘膜の過敏になると花粉症の症状がひどくなるだけでなく、気温の変化やにおいなどでもくしゃみが出るようになることもあるのです。。。

毎年、飛散は1月中から観測されており、花粉症の人が少量の花粉を吸い続けると、そのときに症状は出なくても、大量に吸ったときに急に強い症状が出ることもあるので、早めの受診が大切になるのです


また、軽症・中等症で症状のタイプがすでに分かっている人は、市販薬を使うという手もあります。

現在、高い効果が期待されるのが、医師の処方が必要だった医薬品を一般用医薬品に転換した「 スイッチOTC薬 」といものです。

2011年10月には、第2世代抗ヒスタミン薬「エピナスチン塩酸塩」のスイッチOTC薬が発売されたらしく、これまでの花粉症の市販薬で主流だった第1世代抗ヒスタミン薬と比べ、眠くなりにくく、他の疾患がある場合の薬の飲み合わせのリスクが低いほか、服用が1日1回などの特長があるといいます。

そのほかにも、さまざまなスイッチOTC薬が出ているので、選ぶ際は薬剤師に自分の症状などをきちんと説明して相談しながら買うのがベストです^^



では、最後に“ 効果を上げるために守りたいこと ”をまとめておきますね

  ◇ 受診時に症状を正確に伝える

花粉症には、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどの症状がありますが、どの症状が出るかは人によって異なります。

症状によってくすりも様々なので、症状に合わないものを飲んでいてもあまり効果は期待できません。

自分の症状に合ったくすりを処方してもらうためにも、受診時には、自分の症状の特徴を医師にきちんと伝えるようにしましょう。

メモや薬手帳を用意しておくのも一つの方法ですね^^

また、毎年の症状の出はじめが比較的遅い人(2月後半や3月など)は、その点も医師に伝え、初期療法の適切な開始時期を決めることも大切になります!


  ◇ 薬をきちんと飲む

初期療法の段階では症状がまだ出ていないので、つい油断して薬を飲まなかったりしがち・・・。

初期療法は、最盛期の症状や使用する薬の量にも影響するので、決められたとおりに薬を飲むようにしましょう。


  ◇ 市販薬と併用しない

花粉症の治療薬(抗アレルギー薬など)には、市販されていて自分の判断で使用できるものもあります。

初期療法を受けるとき、自己判断で市販薬を一緒に使うと危険なこともあり、反対に効果が出ないこともあるので、かならず医師や薬剤師に相談するようにしましょう!!


  ◇ 日常のケアを忘れずに

初期療法と一緒に、花粉症を軽減する日常のケアもはじめると効果的です

 ・ 外出時にマスクや帽子を着用する。
 ・ コートなどは花粉の付きにくいポリエステルやナイロン素材にする。
 ・ 掃除をこまめにしてほこりをためない(花粉はほこりと一緒に室内にたまりやすい。
 ・ 帰宅時にコートなどにブラシをかけてから家に入る。
 ・ 目や鼻、ノドを洗う。
 ・ スチーム吸入などで鼻やノドの粘膜をケアする。       などなど

その他、毎年おこなう花粉対策も行っていきましょう。

また、花粉症を軽減するためにも、睡眠時間をきちんととる・疲労をためないようにする・風邪をひかないようにする・タバコやアルコールはひかえるなど、生活習慣を整えることも、単純ですがとても大切なことになります^^



↓役に立った・わかりやすかったなど、よかったらポチッとヨロシクお願いしますm(_ _)m
 にほんブログ村 健康ブログへ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。